碧南海浜水族館

「流氷の妖精」クリオネと会える!碧南海浜水族館

 

愛知県碧南市に碧南海浜水族館があります。

日本沿岸の魚類を中心に260種類を展示しています。

絶滅の危機に瀕した日本産希少淡水魚の保護・展示も行っています。

併設の海の科学館エリアは、「水―森から海へ―」をテーマにして遊びながら学べるような参加体験型の展示を取り入れた施設です。

 

 

碧南海浜水族館は、生き物展示エリア、ビオトープ、くつろぎエリア、科学館エリアがあります。

 

 

生き物展示エリア

大水槽、円柱水槽、骨のない生き物たち、冷たい海、潮溜まりの生き物、暖かい海、サンゴ礁の海、池や川にすむ生き物、両生・ハ虫類を展示しています。

 

 

骨のない生き物たち

海の中の骨のない生き物を紹介しています。

 

 

エダイボヤギ

 

キサンゴ科です。

 

 

お花のみたいで、とてもきれいです。

 

 

 

マンジュウヒトデ

 

大型のヒトデです。

一般的なヒトデのような星形ではなく、五角形の肉厚の座布団のような形をしています。

 

 

大きなおまんじゅうのようです。

 

 

 

 

冷たい海

遠州灘で見られる深海の仲間を展示しています。

 

クリオネ

 

ハダカカメガイとも言います。

貝殻はありませんが、巻貝の仲間です。

「流氷の妖精」「氷の妖精」とも呼ばれています。

 

 

全長は1~3cmほどです。

小さくて可愛いです。

写真を撮るのが難しかったです。

 

 

 

アクセス

碧南海浜水族館

〒447-0853

愛知県碧南市浜町2番地3

TEL 0566ー48-3761

 

名鉄三河線碧南駅 徒歩約15分

碧南駅からの順路

1.碧南駅前のロータリーから西に直進

2.碧南市臨海公園内を北に進む

3.右手に碧南海浜水族館が見える

 

 

 

【JTB】バリアフリーのお宿特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA