碧南海浜水族館

どちらがカムルチー?タイワンドジョウ?碧南海浜水族館

 

愛知県碧南市に碧南海浜水族館があります。

日本沿岸の魚類を中心に260種類を展示しています。

絶滅の危機に瀕した日本産希少淡水魚の保護・展示も行っています。

併設の海の科学館エリアは、「水―森から海へ―」をテーマにして遊びながら学べるような参加体験型の展示を取り入れた施設です。

 

 

 

碧南海浜水族館は、生き物展示エリア、ビオトープ、くつろぎエリア、科学館エリアがあります。

 

 

生き物展示エリア

大水槽、円柱水槽、骨のない生き物たち、冷たい海、潮溜まりの生き物、暖かい海、サンゴ礁の海、池や川にすむ生き物、両生・ハ虫類を展示しています。

 

 

暖かい海

暖かい海の生き物を展示しています。

 

イトヒキアジ

 

尾ビレ、背ビレが糸状に伸びますが、成長とともに短くなります。

糸を引いたように見えることからこの名がつきました。

 

 

糸みたいな長い背ビレ、背ビレがついていて、とてもインパクトがあります!

 

 

今にも倒れそうな感じで泳いでいました。

でも倒れませんでした。

いつもこんな感じで泳いでいるんでしょうか?

 

 

池や川にすむ生き物

池や川でみられる身近な生物には絶滅が心配されている魚や外国からきた外来種がいます。

 

「カムルチー」と「タイワンドジョウ」

 

同じ向きに並んでたので、とても気になりました。

同じ魚かと思ったら、違っていました。

 

 

上の魚がカムルチーです。

「ライギョ」とも呼ばれています。

体側には円形の黒っぽい大きな斑紋が2列に並びます。

 

 

下の魚がタイワンドジョウです。

カムルチーにくらべて、体側の黒い斑紋が小さく、ほとんどの個体で3列に入ります。

背びれや尻びれの軟条数が少ないことで区別できます。

 

 

 

とてもよく似ています。

どちらも外来種です。

 

 

 

アクセス

碧南海浜水族館

〒447-0853

愛知県碧南市浜町2番地3

TEL 0566ー48-3761

 

名鉄三河線碧南駅 徒歩約15分

碧南駅からの順路

1.碧南駅前のロータリーから西に直進

2.碧南市臨海公園内を北に進む

3.右手に碧南海浜水族館が見える

 

 

 

【JTB】バリアフリーのお宿特集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA