名古屋港水族館

へんだけどカワイイ!?「へんカワ展」名古屋港水族館

名古屋港水族館では、2018年7月14日~2019年1月20日まで南館2Fエントランスホールで、

「ヘンカワ展」を開催しています。

 

名古屋港水族館

 

ヘンカワ展とは、へんだけどカワイイいきもの展です。

へんだけど、カワイイ!?個性的な生き物が大集合してます。

生物それぞれのここがカワイイ、ここが変な所を紹介しています。

 

 

マルメタピオカガエル

 

3頭身の丸い体に、大きく裂けたような口と丸い目。

体の3分の1ほどある大きな口で、目の前で動くものは何でも食べてしまいます。

食べられないものは、後から吐き出します。

 

まんまるカエル。

なんでも、食べちゃうんですね。(笑)

とても可愛いです。(*^▽^*)

 

 

 




 

 

 

 

モンツキカエルウオ

 

 

何のためか、目の上にはアンテナのような突起(眼上皮弁)があります。

さらに、突起はなぜか鼻の穴に(鼻皮弁)が、まるで鼻毛のようです。

 

モンツキカエルウオは、サンゴ礁の住人です。

サンゴや岩に開いた穴から、よく顔を出しています。

目をキョロキョロさせたり、うなずくような仕草をしたり。

 

サンゴから顔を出している姿が、とても可愛いです。(*^▽^*)

 

 

 

 

クマドリカエルアンコウ

 

 

魚なのに泳ぐのが、苦手です。

 

背ビレの一部が変形したイリシウムという誘因突起があり、その先端はエスカといい疑似餌になっています。

まるで生きているゴカイのように動かして獲物を誘い、近づいてきたところを一飲みにします。

その速さは、魚類最速とも言われています。

 

移動するときは胸ビレを足のように使って、海底を歩くように動きます。

 

見た目がすごいですね!

エサを捕獲する姿や、歩く姿も見てみたいですね。(*^-^*)

 

バトラクス・キャットフィッシュ

 

 

大きな口をしていて、自分の半分ぐらいの大きさの魚をたべることができます。

時には自分より大きな獲物を丸飲みにすることがありますが、

のどに詰まらせて死んでしまうことがあります...

なんでも丸飲みにするわりには、同じ種類同士では仲良くくっついています。

 

本当に、大きな口をしています。

アヒル口みたいです。

命がけで自分よりも大きな魚を丸飲みするところも、すごいですね!(>_<)

 

 

 

他にも、へんだけどカワイイ生物がいっぱいいました。

生物のへんなところやカワイイところが紹介されていて、

展示されているだけではわからない生態が紹介されているので、見ていておもしろかったです。

 

初めて見る、生物もいました。

 

紹介しているイラストも、とても可愛いかったです。(*^▽^*)

 

開催期間中に生物の入れ替えをし、様々な「へんカワ」な生物を紹介するそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA