名古屋港水族館

表情がとても可愛いベルーガ❤名古屋港水族館

名古屋港水族館には、北館と南館があります。

名古屋港水族館

 

北館と南館には、それぞれ展示テーマがあります。

北館を紹介します。

 

北館 展示テーマ

35億年はるかなる旅~ふたたび海にもどった動物たち~と題して、シャチ、ゴマフアザラシ、イルカ、ベルーガ、

クジラたちの進化の過程が知ることができる「進化の海」が展示しています。

 

北館の主な動物を紹介します。

 

ベルーガ

 

北極のシロイルカです。

イルカの仲間ですが、独特の姿をしています。

大きく丸く膨らんだ頭は、メロンと呼ばれています。

ここは鼻の近くから出した音を、水中に伝えるための特別な脂肪が入っています。

ベルーガの首は、縦にも横にも動き回すこともできます。

このよく曲がる首のおかげで、小回りのきいた泳ぎが得意です。

 

水中のベルーガです。

 

 

 

 

 

 

3階では、ベルーガのトレーニングの様子が見ることができます。(時間が決まっています。)

ベルーガが住む、北極とその周辺の冷たい海を再現しています

ベルーガプールに近づくと、ひんやりしました。

 

 

 

 

本当に白いです。

間近で見ることができました。

表情がとても可愛いです。(*^-^*)

笑ってるようにも見えますね。

 

 

 

 




 

 

 

 

シャチ

 

シャチは、マイルカ科の仲間では最大の種です。

海洋生態系において食物連鎖の頂点に立ち、「海の王様」とも言われています。

群れを作り共同で狩りをするなど、社会性を持った動物として有名です。

 

 

 

 

ひっついて、泳いでいました。

 

下の小さい子は、2012年11月13日に生まれたリンちゃん女の子です。

イルカやシャチは尾ヒレから生まれることが多いですが、リンちゃんは頭から生まれてきました。

リンちゃんのチャームポイントは、あごの右側に生まれた時から黒い斑点があります。

これだけはっきりした模様があるのは、珍しいそうです。

 

 

3階では、公開トレーニングの様子が見ることができます。(時間が決まっています。)

トレーニングの様子は、大きなモニターにも映し出されます。

 

 

シャチは、とても大きかったです。

シャチについての紹介や、ジャンプなどをしていました。

 

 

 

 

バンドウイルカ

 

好奇心が強く、人間に慣れやすいため、漁師と協力して魚の追い込み漁を行ったりします。

群れを作って暮らし、協力しあって狩りや子育てをします。

「ピーピー」「ニャア」といったさまざまな音を出して、仲間同士連絡をとりあいます。

ヒレでお互いの体を触りあったり、口の先でつついたりしてコミュニケーションが活発です。

 

 

水の中に光があたっていて、とてもきれいでした。

大きなイルカプールで、一面青色の世界でした。

とても癒されました。(*^-^*)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA