名古屋港水族館

名古屋港水族館くらげなごりうむ

名古屋港水族館では、クラゲの常設展示が新しくなりました。

2018年7月21日から、クラゲ新展示室コーナー「くらげなごりうむ」が、南館1階で展示しています。

名古屋港水族館

 

 

くらげなごりうむ

クラゲ専用大型水槽での飼育や鏡を用いた演出などで、クラゲ類を紹介しています。

クラゲの仲間、約8種500点を展示しています。

 

ミズクラゲ

 

 

 

ミズクラゲは、傘に透けて見える胃腔、生殖腺が4つあることから、ヨツメクラゲとも呼ばれています。

傘の直径は、成体で15cm~30cmです。

中には、それ以上の大きさも稀にいるそうです。

 

大きな水槽に、ミズクラゲがいっぱいいました。

照明の色が時々変わって、とても綺麗でした。(*^▽^*)

 

 

 

カラージェリー

 

傘の直径は、10cmほどになるそうです。

青や白、紺などカラーバリエーションが豊富です。

さまざまな色の個体がいますが、すべて同じカラージェリーです。

なぜ色が違うのか、理由は判明していません。

 

 

 

タコクラゲ

 

 

 

傘に触手はないが、傘の下には8本の口腕があります。

その口腕の先から、長細い棒状の付属器が伸びるのが特徴のひとつです。

この外見がタコに似てるので、その名前が付けられました。

傘の直径は、10cm程度になります。

中には、20cmほどの個体もいます。

 

本当に、タコみたいです。

模様が可愛いです。(*^▽^*)

 

 

 




 

 

 

 

ギヤマンクラゲ

 

ギヤマンとは、ガラス製品やガラス細工のことで、オランダ語でダイアモンドという意味だそうです。

成長すると傘の直径は、5cmほどになります。

長い触覚は、32本ほでになります。

ガラスのように透明で、きれいなクラゲです。

 

クラゲの足が細くて長いので、他のクラゲと足がからまっていました。(^▽^;)

その後、どうなるんでしょう?

疑問ですね...(>_<)

 

 

 

ラクテアジェリー

 

傘の直径は、25cmほどになります。

色のバリエーションが豊富です。

こちらも足が細くて長いです。

からまりそうですね。(^▽^;)

 

 

床に映し出されたクラゲの映像

 

床にも、クラゲの画像が映し出されていました。

映像もとてもよかったです。(*^-^*)

「くらげなごりうむ」幻想的で、とてもきれいでした。

なごみました。(*^▽^*)

 

 

くらげパン

 

南館3階に、フードコート「トータス」があります。

「くらげなごりうむ」の期間限定メニューがありました。

 

くらげパンです。

中は、チョコクリームです。

 

ちょっとメニューの写真と違う感じでしたが、可愛いかったです。

美味しかったです。(*^-^*)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA