三重県

伊勢神宮と鯉

三重県伊勢市に伊勢神宮があります。

伊勢神宮は正式には、「神宮」といいます。

 

14所の別宮(べつぐう)、43所の摂社(せっしゃ)、24所の末社(まっしゃ)、42所の所管社(しょかんしゃ)があります。

これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。

 

伊勢神宮には、天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする内宮(ないくう)と、豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする外宮(げくう)があります。

 

伊勢神宮

 

 

内宮

皇室のご祖神の天照大御神をおまつりしています。

わが国で最も尊いお宮です。

内宮(皇大神宮)は、およそ2000年前、垂仁天皇の御代から五十鈴川のほとりに鎮まります。

 

 

 

鳥居をくぐって宇治橋を渡ります。

 

 

五十鈴川が流れています。

 

 

川にはサギがいました。

 

内宮には池があり、鯉がいます。

 

 

池には鯉がいっぱいいました。

 

写真は2月の様子です。

なぜか並んでいました。(*^-^*)

中には、金色の鯉がいました!

 

 

写真を撮っていたら、近づいてきてくれました。(*^▽^*)

と思ったら・・・

 

 

エサを食べている感じでした。

 

 

 




 

 

 

地元の人によると内宮の中には、鯉と馬とにわとりがいるそうです。

この日は、馬とにわとりは見れませんでした。

 

 

神馬

 

御厩(みうまや)には、神様の乗り物とされる神馬がいる場所です。

神馬がいる時があります。

こちらは、以前撮った馬の写真です。

 

伊勢神宮はよく行くんですが、今までにわとりを見たことがありません。

一度は見てみたいものです。

 

 

 

 

 

内宮の中には、荒祭宮(あらまつりのみや)があります。

 

荒祭宮

天照大神の荒御魂(あらみたま)をまつる別宮(べつぐう)で、荒御魂とは神の特別な働きをする状態、または神が現れた状態といわれています。

 

 

荒祭宮に行くまでの道の石段で、踏んではいけない石があると以前教えてもらいました。

それは、「天」という字に見える石だそうです。

探してみたんですが、よくわかりませんでした・・・

 

かわりに、変わった石を見つけてしまいました!

こちらです!

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中の石です。

 

 

 

 

 

 

 

 

人の足のように見えませんか!?

不思議ですね。

 

 

帰りも宇治橋を渡ります。

 

宇治橋には、擬宝珠(ぎぼし)があります。

 

擬宝珠

 

帰り道に右側通行で宇治橋を渡ると、手前から2番目の擬宝珠の中に宇治橋の守り神土橋姫神社で(あえどはしひめじんじゃ)祈祷された万度麻(まんどぬさ)という神札が納められています。

その擬宝珠をさわるといいそうです。

 

知る人ぞ知るって感じです。

みんながさわって、擬宝珠の色が違うのすぐわかると思います。(*^▽^*)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA