三重県

神馬に会えたらラッキー!伊勢神宮

 

三重県伊勢市に伊勢神宮があります。

伊勢神宮は正式には、「神宮」といいます。

 

14所の別宮(べつぐう)、43所の摂社(せっしゃ)、24所の末社(まっしゃ)、42所の所管社(しょかんしゃ)があります。

これら125の宮社全てをふくめて神宮といいます。

 

伊勢神宮には、天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする内宮(ないくう)と、豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする外宮(げくう)があります。

 

伊勢神宮

 

 

 

外宮

 

豊受大神宮は、豊受大御神をお祀りしています。

豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神であり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。

 

 

 

三ツ石(みついし)

 

 

古殿地の南側にある三個の石を重ねた石積みです。

以前、こちらに手をかざすとエネルギーを感じるといって、パワースポットとして話題になりました。

式年遷宮の儀式で利用する重要な場所なので、手をかざすのはよくないそうです。

 

 

亀石

 

三ツ石から別宮に向かう途中の水路に架かる石橋です。

 

 

亀に似ていることから「亀石」と言われています。

この亀石の石は高倉山古墳の入り口にあった岩で数千年の歴史があると言われています。

 

 

せんぐう館

 

 

伊勢神宮の式年遷宮を紹介する博物館です。

 

 

 

 

神馬

 

御厩(みうまや)には、神様の乗り物とされる神馬がいる場所です。

神馬がいる時があります。

 

 

 

タイミングよく、神馬を見ることができました。(*^▽^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA