東山動植物園

ここでしか見れない動物!東山動植物園


愛知県名古屋市に東山動植物園があります。

東山動植物園には、約500種類の動物がいます。

飼育種類は、日本一です。

 

 

 

東山動植物園でしか、見れない動物がいます。

 

●ジャングルキャット

●ソマリノロバ (2019年7月30日に死亡しました。国内で見ることができせん。)

●メキシコウサギ

●ラーテル

●コジャコウネコ

 

こんなにいるんですね。(*^▽^*)

 

 

ジャングルキャット

 

東山動植物園では、2019年3月に新しくジャングルキャットが来園ました。

本園、食肉小獣舎にいます。

 

 

中型に四肢が長く、耳の先端には房毛があります。

黒い縞が四肢と尾にあり、尾の先端は黒いです。

日中によく活動し、小型の哺乳類、鳥、魚、カエルなどを捕食します。

 

 

 

ソマリノロバ

 

本園、バードホールの奥にいます。

 

エチオピアやソマリアの草原や半砂漠地に分布。

家畜ロバの先祖種と考えられています。

野生では2000~3000頭しか生息しておらず、絶滅の危惧に瀕しています。

 

大きな頭と長い耳、牛のような尾です。

四肢には、特徴的な黒いしまが見られます。

性質は、やや神経質です。

 

 

前と場所が変わってしまって、今の所だとすぐ中に入ってしまい、あまり見れない時もあります。

 

 

他の日に、見に行ったら結構出てました。(*^▽^*)

 

 

 

後で飼育員さんが近くにいることに気が付きました。

なので見れたのかな?

 

※ソマリノロバは、2019年7月30日に死亡しました。

国内で、ソマリノロバを見ることができません。

 

 

 

メキシコウサギ

 

 

 

(写真は以前本園にいた時の様子です。)

以前は本園にいましたが、令和元年11月19日に北園エリアに移動しました。

 

 

 

新しい獣舎です。

 

 

 

 

メキシコ市に近い火山域の標高2800~4000mに分布し、松林のある草原地帯で、サカトンという草を利用して生活しています。

原始的なウサギで、世界で2番目に小さい種です。

体毛は黒色で、耳が小さく足も短いです。

メキシコでは、「テポリンゴ」と呼ばれています。

 

2~5頭の群れで暮らし、主に昼間活動します。

野生下では、草(イネ科)、種子、樹皮、根などを食べます。

生息域破壊により絶滅が心配されています。

 

近くまで来てくれました。(*^▽^*)

けっこう小さかったです。

 

 

 

 

 

 

ラーテル

 

 

本園、食肉小獣舎にいます。

ラーテルは「世界一怖いもの知らずの動物」とギネスブックに認定されました。

非常に気性が荒く、敵に襲われると肛門腺からくさい液を飛ばして身を守るそうです。

 

 

トカゲや昆虫などの小動物を主食にしますが、大のハチミツ好きです。

 

 

 

コジャコウネコ

 

北園エリアの自然動物館の1階にいます。

自然動物館の1階の夜行性コーナーは、2018年1月16日~3月15日の間、電気設備工事のため閉館していました。

工事で動物の生態に合わせて、照明がとても暗くなっています。

3分ぐらいすると、目が慣れるそうです。

 

 

 

こんなに暗いんです。

フラッシュ撮影も禁止されているので、写真を撮るのも難しいです。

東山動植物園は9時オープンなんですが、自然動物館の1階の夜行性コーナーは、9時~10時の間だけ少しだけ照明が明るくなっています。

10時以降は、また真っ暗になります。

 

 

9時~10時の間に行きました。

まだ明るいまだほうなので、写真も撮れました。

 

 

コジャコウネコは、まだ眠いみたいで目があんまり開いていませんでした。

 

 

10時近くなると、目が大きくなりました。(笑)

 

コジャコウネコは、ジャコウネコ科の動物です。

ジャコウネコと言えば、1杯8,000円もするコーヒー「コピ・ルアク」が有名です。

ジャコウネコが体内で発酵させた、未消化の状態のコーヒーの豆を糞から取り出して、しっかり洗って作った幻のコーヒーです。

世界3大珍コーヒーの1つです。

独特の複雑な香味を持っているそうです。

一度は飲んでみたいですね。(*^▽^*)

 

東山動植物園に来たら、ぜひ見たいですね。(*^▽^*)

 

 

東山動植物園 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA