東山動植物園

東山動植物園 食肉小獣舎


東山動植物園の本園エリアに、食肉小獣舎があります。

 

食肉小獣舎の気になる動物を紹介します。

 

まんまるマヌルネコ

 

 

マヌルネコは、モンゴル語で「小さいヤマネコ」という意味です。

世界最古の猫と言われています。

2018年4月1日に、NHK「ダーウィンが来た!」でマヌルネコが紹介されました。

 

 

体毛が長くて密集して生えているので、丸々と太った立派な体型に見えるそうです。

それで、まんまるに見えたんですね。(笑)

決して太っているわけではないんですね。(*^-^*)

この体毛により雪の上や凍った地面で、お腹をつけても体が冷えません。

夜行性でナキウサギを主に捕食しています。

 

東山動植物園に、埼玉こども動物自然公園からオスのマヌルネコ「レフ」が来園しました。

2018年2月22日から、公開しています。

これで前からいたメスのハニーちゃんと、オスのレフくんの2匹になります。

 

見に行ったら名前の看板がなくて、どっちがどっちかわからなかったです。

詳しい人によると入れ替えをして展示しているので、名前の看板を出していないようです。

2匹とも上のほうにいました。

高い所が好きなのかな。

 

食肉小獣舎の裏側に、スロープがあります。

スロープから食肉小獣舎の裏側が見えます。

 

 

 

裏側の様子です。

マヌルネコが上のほうにいると、食肉小獣舎の裏側にいるマヌルネコが見えるんです。

 

 

 

マヌルネコが見えます。

表側から見るより、よく見えます。

裏側もチェックしないとですね。(*^-^*)

 

 

 

怖いもの知らずでも怖い!?ラーテル

 

 

ラーテルは「世界一怖いもの知らずの動物」とギネスブックに認定されました。

国内では、東山動植物園でしか見られません。

非常に気性が荒く、敵に襲われると肛門腺からくさい液を飛ばして身を守るそうです。

そして、ハチミツが大好きだそうです。

なんか可愛いですね。

 

 

急に何かにびっくりしたみたいで、声を上げながら後退りしていました!

怖いもの知らずなのに、意外な一面を見た気持ちになりました。(笑)

 

 

 

 

強力な前足 ジャガー

 

 

ジャガーは、新大陸最大のネコ科動物です。

ライオン、トラに次いで体は大きいです。

ジャガーは、前足ではたき倒して獲物を捕らえます。

 

この前足での攻撃は、とても強力で一撃で相手を倒すほどだそうです。

獣舎の中に、ボールみたいなのがあります。

 

 

パンチ!

 

 

ヘディング!

 

 

 

もう飽きちゃった。(笑)

さすが、ねこ科動物ですね。(*^▽^*)

 

食肉小獣舎には、他にもユキヒョウなどがいます。

 

 

東山動植物園 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA