東山動植物園

アフリカゾウのケニーさん 東山動植物園

 

 

愛知県名古屋市に東山動植物園があります。

東山動植物園には、約500種類の動物がいます。

飼育種類は、日本一です。

 

 

東山動植物園には、アフリカゾウとアジアゾウの2種類のゾウがいます。

アフリカゾウを紹介します。

 

 

 

アフリカゾウ舎

 

アフリカゾウ舎は、北園エリアにあります。

アフリカゾウ舎の壁には、巨大壁画があります。

 

 

巨大壁画

 

「東京大学物語」「まじかる☆タルるートくん」の作者でもおなじみの、江川達也先生が原画を作画しています。

2011年の巨大壁画プロジェクトで、スタートから2ヶ月のべ3,000人と制作して、同年8月6日に完成しました。

 

 

 

 

よく見ると壁画の中には、タルるートくんもいます。

 

 

アフリカゾウ

 

ケニーさん(メス)です。

アフリカゾウは、地上最大の動物です。

 

アジアゾウは、それより一回り小さいサイズになります。

アフリカゾウは、耳が大きく、弧を描くくらいの長い牙があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどごはんの時間でした。

 

 

 

飼育員さんに合わせて、いろんなポーズをとっていました。

 

 

※アフリカゾウのケニーは、2020年8月10日に急性腹膜炎で亡くなりました。

1975年に来園して、歴代のアフリカゾウの中で最も長い45年間を東山動植物園で過ごしました。

人懐っこい性格で、大人気のケニーさんでした。

 

 

 

東山動植物園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA