東山動植物園

カバは2種類!カバとコビトカバ東山動植物園


愛知県名古屋市に東山動植物園があります。

東山動植物園には、約500種類の動物がいます。

飼育種類は日本一です。

 

 

 

東山動植物園の北園エリアには、2種類のカバがいます。

カバとコビトカバです。

 

カバ

 

アフリカに広く分布し、湖や河に群をつくって生息してます。

 

 

日中は水中で過ごし、鼻と眼と耳だけを水面から出しています。

夜になると上陸して川岸の草などを食べます。

 

カバの汗は、ピンク色です。

「血の汗」をかくと言われていますが、これは皮膚を紫外線と細菌から守るための分泌液です。

皮膚は乾燥に弱く、水の中を好むのも皮膚が裸出しているので、乾燥を防ぐためでもあります。

 

ちょうどごはんを食べていました。

 

口のまわりが真っ白です。(笑)

 

カバの口は、150度まで開くことができます。

カバの歯は、長く先のとがった門歯と犬歯が生えています。

下あごの犬歯は、50cmほどになることもあります。

 

 

 

顔はめパネル「カバと飼育員」

 

カバ舎のすぐ横に、「カバと飼育員」の顔はめパネルがあります。

 

2015年には、「顔はめパネル選手権」が行われました。

全国200以上の作品からユニークさを競うものです。

東山動植物園のこちらの「カバと飼育員」のパネルが、ナンバーワンに選ばれました。

東山動植物園で表彰式があり、イベントの主催でお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーさんがパネルに顔を入れる“入顔式”も行われました。

 

これでカバの飼育員になれるかもです。(*^-^*)

 

 

 

 

コビトカバ

カバ属の先祖の姿を今に残す「生きた化石」です。

コビトカバは、世界の四大珍獣の一つと言われています。

コビトカバの他には、ジャイアントパンダ、オカピ、ボンゴです。

 

成獣でも体重は、250㎏にしかならないです。

普通のカバの半分ぐらいです。

 

 

コビトカバの室内の壁には、カバとコビトカバの実物大のイラストが描かれています。

イラストで見ても、だいぶ大きさが違いますね。

 

コビトカバは、森の水辺で生息します。

体は、全体的に丸っこいです。

体色は、黒色でつるつるしています。

 

草や果実などを食べています。

 

東山動植物園にはコビトカバは、2頭います。

 

 

手前がミライくんで、奥がコユリちゃんです。

ミライくんは2018年10月15日に、石川県いしかわ動物園から東山動植物園に来園しました。

 

 

(左 ミライくん  右 コユリちゃん)

2頭とも仲がいいみたいです。

 

 

 

コビトカバが水にもぐる様子です。

ちょっとだけ近くに来てくれました。

 

小さくてとても可愛いです。(*^▽^*)

 

 

東山動植物園 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA