東山動植物園

東山動植物園 新ゴリラ舎・チンパンジー舎オープン


2018年9月6日、東山動植物園ではアフリカの森エリア新ゴリラ舎・チンパンジー舎がオープンしました。

 

約3か月間、ゴリラとチンパンジーが見れなかったんですが、ついにオープンしました。

長かったような気もしましたが、過ぎてしまえばあっという間でした。

 

 

東山動植物園 新ゴリラ舎・チンパンジー舎オープン式典

オープン式典は、2018年9月6日の10時から行われました。

名古屋市長の河村さんがご挨拶

 

観光で名古屋は、行きたくない都市ランキングワースト1だそうです。

なので、東山動植物園にも目玉を作りたいと言っていました。

コモドドラゴンが、東山動植物園にくるそうです。

 

名古屋に住んでいますが、そんなに人気がないとは思いませんでした。(^▽^;)

偉い人達の、お話&紹介が終わると...

 

くす玉オープン

 

先に式典に招待された人達が、ゴリラ舎・チンパンジー舎を見に行きました。

少しだけ待つと、次は一般のお客さんの番です。

ついに、この時がきました。

みんなで、ゆっくり進みます。

 

ゴリラ・チンパンジーの観覧時間

 

 

ゴリラは、慣れるまでは室内展示のみです。

時間によっては、見れません。

 

チンパンジーは、室内と屋外展示室の時間が決まっています。

 

一番先に、チンパンジー舎から見ました。

 

新チンパンジー舎

 

チンパンジー舎の室内展示は231㎡で、日本一の大きさです。

とても広いです。

 

 

室内では、上のほうにいました。

 

もうすぐ、ごはんの時間です。

 

 

チンパンジーの屋外展示室は、667㎡です。

屋外運動場に、スイカや葉っぱのごはんが置かれていました。

チンパンジーって、スイカを食べるんですね!

 

チンパンジーの双子の赤ちゃん、カランとコエです。

お母さんに、くっついています。

 

チンパンジーの屋外タワー

 

チンパンジーの屋外タワーは、15mです。

かなり高いです。

 

 

 

次は、ゴリラ舎です。

 

 

 

 

新ゴリラ舎

 

 

ゴリラ舎の室内展示は、289㎡で、日本一の大きさです。

こちらも、かなり広いです。

 

 

3か月ぶりの、シャバーニです。

一時は激やせしたと聞きましたが、元気そうに見えました。(*^-^*)

 

 

動き回っていました。

時には、滑る一面も見れました。

 

子どもたちも、元気そうです。

 

ゴリラの屋外タワー

 

ゴリラの屋外展示室は、730㎡です。

ゴリラの屋外タワーは8mで、日本一の大きさです。

 

ゴリラはまだ施設になれる訓練中のため、屋外展示は今のところないです。

タワーに登るところも、見れるようになるといいですね。(*^-^*)

 

ニシゴリラは、2018年9月19日から10:00~11:20の間、屋外へ通じる扉を開放して、自由に屋内外を行き来できるようにしています。

 

 

新ゴリラ舎・チンパンジー舎のチラシ

 

東山動植物園 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA