東山動植物園

東山動植物園のバードホール


東山動植物園の本園エリアに、バードホールがあります。

 

バードホールは、人と鳥を隔てる柵がない「ウォーク・イン方式」の展示を採用しています。

クジャクやショウジョウトキなどの鳥たちを間近で観察することができます。

バードホールの入り口付近には、檻ごしでアカコンゴウインコなどの色鮮やかなインコの仲間を見ることができます。

 

バードホールには、アカコンゴウインコ、ホオジロカンムリズル、クロエリセイタカキジ、アフリカヘラサギ、クジャク、ショウジョウなど数種類の鳥がいます。

 

主な動物を紹介します。

 

バードホールの、一部放し飼いになっていて柵なしで見れるところには、人一倍目立っている鳥がいました。

 

ホオジロカンムリズル

 

 

頭の冠が素敵です。(*^-^*)

金色の冠のような毛で、頭の上に放射状に生えています。

これが名前の由来になっているそうです。

 

 

 

ポーズが決まっています!

かっこいいです。(*^-^*)

 

 

 

あちこちで、ふりまいています。(笑)

 

 

一部羽根がないのが、気になりました。

どうしたんでしょう?

気になります。

 

 

 

 

クロエリセイタカキジ

 

 

クロエリセイタカキジは、漢字で書くと黒襟背高鷸です。

お客さんが通る通路のギリギリのところまできていました。

すごく近かったです!

しかも近くに寄っていっても、逃げなかったです。

足がすごく長いです!

 

 

足を曲げると、こんな感じです。

 

 

 

たくさんいました。(*^-^*)

 

 

 

 

アフリカヘラサギ

 

 

屋根の近くの、上のほうにいました。

 

 

木に上を歩いています。

 

 

 

 

くちばしが、ヘラみたいです。

名前の由来は、ここからきているそうです。

名前がヘラサギとなっているので、サギの仲間かと思いそうですが、サギではなくトキの仲間だそうです。

 

 

インドクジャク

 

クジャクは、キジ科の鳥類です。

オスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘います。

メスは、比較的地味です。

雑食性で、毒蛇やさそりなどの毒虫を好んで食べます。

 

 

雨の日に行ったら、クジャクたちがお客さんが通る通路を歩いていました。

 

 

鳥たちがいる屋根は網になっているので、雨が入ってくるんだと思います。

きっと、雨が苦手なんですね。

お客さんが通る通路は、雨は濡れないので避難してるんだと思います。

 

 

クロエリセイタカキジも、下におりてきました。

 

 

 

近いです!

近づいても逃げません。(*^▽^*)

人に馴れているみたいです。

通り抜けようと思ったんですが、なかなか動いてくれなかったので諦めました。(^▽^;)

 

 

東山動植物園 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA