東山動植物園

絶滅した巨鳥!ジャイアントモア展示!東山動物園


愛知県名古屋市に東山動植物園があります。

東山動植物園には、約500種類の動物がいます。

飼育種類は、日本一です。

 

 

 

東山動植物園は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年4月10日~6月1日まで休業ていましたが、6月2日から再開しました。

6月中は予約制になっていましたが、6月30日から解除されました。

 

 

一部の屋内施設(動物会館・植物会館・自然動物館・世界のメダカ館・植物園温室)も2020年2月29日から閉鎖していましたが、6月30日から再開しました。

 

 

東山動物園の動物会館では、絶滅したジャイアントモアのレプリカが展示しています。

 

 

動物会館

 

動物会館は本園にあります。

展示や図書室(館外貸出は行っていません)、動物相談コーナーがあります。

 

 

 

動物会館の前には、いつもは展示していないお花でできたズーボが展示されていました。

 

 

 

 

ズーボ

東山動植物園の公式キャラクターです。

妖精です。

動物や植物、虫や、ひとなどいろんなものを“つなぐ”ことが得意です。

7月15日が誕生日です。

 

 

 

 

 

ジャイアントモア

 

ニュージーランドに生息していた、飛べない大型の鳥です。

ダチョウに似た巨鳥です。

体は現生鳥類で最大のダチョウよりもさらに大きく、頭までの高さは最大3.6m、体重は250㎏もあったようです。

(ダチョウは最大2.3m、150㎏くらいです。)

ジャイアントモアは、絶滅種を含めると世界で最も背の高い鳥であったとされます。

 

13世紀ごろニュージーランドにマオリ族が移り住み、森林伐採や乱獲が原因で急激に数を減らし15世紀には絶滅したと言われています。

 

こちらのジャイアントモアは、2019年7月から名古屋市科学館で開催された特別展「絶滅動物研究所」で展示されたものです。

 

 

 

 

とても大きいです。

目が緑色に光っていました。

 

 

ジャイアントモアがまだ絶滅していないという説もあるそうです。

実際に見てみたいですね。

 

 

東山動植物園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA