東山動植物園

4種類のクマが見れる!東山動植物園

 

愛知県名古屋市に東山動植物園があります。

東山動植物園には、約500種類の動物がいます。

飼育種類は、日本一です。

 

 

東山動植物園のクマは4種類

 

東山動植物園の本園のクマ舎には、クマが4種類います。

エゾヒグマ、メガネグマ、ニッポンツキノワグマ、マレーグマの4種類です。

 

 

 

エゾヒグマ

 

日本の陸上動物の中で一番大きいです。

成長すると木には登らないです。

雑食性で野生下ではエサの少ない冬期に冬眠をします。

 

近くで見ることができました。

おとなしそうに見えました。

 

 

 

メガネグマ

 

南アメリカに生息する唯一のクマで、標高1800~2700mの山地の湿潤な森林を好んで生活の場とします。

メガネのような白斑が目のまわりにあり、その模様の個体差が大きいため、識別が容易になっています。

 

よく見ると白い部分がメガネのようにも見えました。

 

 

 

ニッポンツキノワグマ

 

胸の白い毛が三日月状になっているので、「ツキノワ」の名がつきました。

野生下ではエサの少ない冬期に冬眠します。

 

 

ずっとプールの周りをぐるぐる回って、落ち着きがなかったです。

胸の白い三日月状の部分が、チラッと見えました。

 

 

マレーグマ

 

クマの中で最も小さいです。

熱帯の森林に生息しています。

鋭く曲がった爪を持ち、木登りが得意です。

 

一度下に降りて、また上に登っていました。

しぐさがとても可愛いです。

 

 

 

 

室内で寝ていて、爪の部分が見れました。

とても鋭い爪です。

 

 

4種類のクマが見れて、とても可愛いかったです。

 

 

 

東山動植物園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA