日本モンキーセンター

日本モンキーセンター アフリカ館

愛知県犬山市に、日本モンキーセンターがあります。

 

日本モンキーセンター

 

世界屈指のサル類動物園です。

霊長類の飼育展示種類は、60種以上約900頭と世界最多です。

 

アフリカ館

アフリカ館では、グエノンの仲間、マンガベイの仲間、コロブスの仲間、ヒヒの仲間、ドリルなど、多様性にとんだサルが展示されています。

 

主な動物を紹介します。

 

 

マントヒヒ

 

 

マントヒヒのオスです。

オスには全体的に灰色でたてがみがあり、肩にはマントのような長い毛が生えています。

マントを着ているように見えることから、マントヒヒと名前がつけられたそうです。

 

本当に、マントのように見えますね。

メスではマントのような、たてがみは伸びません。

毛色は褐色で、全体にほっそりとした体つきをしています。

 

 

マントヒヒのメスです。

色が全然違いますね。

 

 

真ん中に、ドーンと座りました!

なんだか迫力があります。(^▽^;)

 

 

 

飼育員さんがごはんを持ってきてくれました。

ごはんが欲しいアピールがすごいです!(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

 

ブラックザグエノン

 

 

グエノン類の中で、もっとも大型の種類です。

頭巾をかぶったような額のオレンジの模様と白いあごひげ、太ももの白いラインが特徴です。

 

オナガザル科のサルで、「世界で最も美しいサルのひとつ」とも言われています。

 

 

 

 

美しいです。(*^-^*)

 

 

いろんなポーズをしていました。(笑)

 

 

 




 

 

 

 

パタスモンキー

 

 

パタスモンキーは、サバンナを駆ける世界最速のサルです。

最高時速約55kmで走ると言われています。

 

めちゃくちゃ、速いですね!

 

 

 

腕や脚がすらりと長くて、なんだか可愛いです。(*^-^*)

 

 

 

群で移動するようすが軍隊の行進のように見えることから、軍隊ザルとも呼ばれているそうです。

 

 

 

アビシニアコロブス

 

 

体は全体に黒く、顔の周囲、尾の先と、背中を縁取るように白い毛が生えています。

白い毛の生え方は、地域によってバリエーションがあります。

 

初めてアビシニアコロブスを見た時、尾っぽがほうきみたいでびっくりしました。(笑)

 

 

 

めっちゃリラックスしてますね。(*^▽^*)

 

 

 

バーバリーマカク

 

 

見た目が、ニホンザルにそっくりです。

バーバリーマカクは、アジア以外に生息する唯一のニホンザルの仲間です。

 

外見上、尾がないためかつては、バーバリーエイブとも呼ばれていました。

 

 

子育てを群れのみんなで、協力して行います。

オス同士の争いでは、生まれたばかりの赤ちゃんを抱えて見せて、相手のオスをなだめることもあるそうです。

 

 

 

大きな口を開けて、ごはんを食べていました。

 

 

 

バーバリーマカクの多頭飼育を国内で見られるのは、日本モンキーセンターだけだそうです。

日本モンキーセンターって、すごいんですね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA