のんほいパーク

東海三県で唯一!レッサーパンダ展示のんほいパーク


愛知県豊橋市に、豊橋総合動植物公園のんほいパークがあります。

のんほいパークは、約40ヘクタールの広大な敷地に、動物園ゾーン、植物園ゾーン、遊園地ゾーン、そして自然史博物館が整備されたリクリエーションと学びの施設です。

動植物公園と自然史博物館が一体化した国公立の施設は、日本でものんほいパークだけです。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で自粛していろんな施設が休園する中、のんほいパークは休校した子供たちのために開園を継続しています。

そして、2020年3月3日(火)~3月24日(火)の平日(※土日祝は除く)

※3月9日(月)、16日(月)は休園日(定休)です。

小学生(市外も含む)は無料、引率者は半額(通常大人600円→300円)という割引もやっています。

 

今年度は、夏の夜間営業が好評で、レッサーパンダ2頭が仲間入りしたことなどが入園者数の増加につながって、のんほいパークの年間入園者数が90万人を突破しました。

これは過去10年で、最も多い年間入園者数だそうです。

2020年3月15日に記念式典が行われました。

 

 

 

動物園ゾーン

約130種800頭羽のたくさんの動物たちがいます。

「躍動する野生の動物を身近に感じる」がテーマの動物園です。

 

 

 

 

レッサーパンダ

 

レッサーパンダの場所は、野鳥園東側にレッサーパンダ舎があります。

 

東京都多摩動物公園からレッサーパンダの雌「リーファ」が、旭川市旭山動物園から雄の「ショウショウ」が豊橋にやってきました。

レッサーパンダは、東海三県で唯一の飼育です。

2020年2月8日から公開しました。

 

 

 

 

 

レッサーパンダ舎の屋内の様子です。

 

 

体形は猫のようで明るいクリ色の蜜な毛に覆われています。

野生での主食は竹で、動物園では竹の他にリンゴ、サツマイモ、ニンジン、ペレットなどを与えています。

中国、ネパール、ミャンマー北部に分布しており、1500m~4800mの標高の高い竹林に生息しているので暑さは苦手です。

 

 

1頭だけ見れました。

 

 

 

 

下に行ってみたり

 

 

登ってみたり

常に動いていてなかなか止まってくれなかったんですが、

 

 

閉園近く展示時間がそろそろ終わりということで、飼育員さんがいたからなのか、最後にじーっと止まってくれました。

とても可愛かったです。

 

 

帰りに東門近くの売店に行きました。

レッサーパンダのグッズがいっぱいありました。

 

 

その中でも、ハンカチタオルを購入しました。

 

 

レッサーパンダがいっぱいいて可愛いかったです。(*^▽^*)

 

 

のんほいパーク https://www.nonhoi.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA